vol.6: 顔見世、歌舞伎

ちなみに、なぜ「顔見世」といわれるかご存知でしょうか?

江戸時代の歌舞伎役者は、旧暦11月から翌年10月までの1年契約をしていました。
そのため毎年11月初めに、各座で来年の役者が舞台に勢揃いし、口上を述べることを「顔見世」と称しました。
これが現在の顔見世興行の始まりでです。

各方面から役者さんに送られるご祝儀の竹馬(たけうま)がロビーに飾られます。
竹馬を見ると、誰がどの役者さんを贔屓にしているかが判ります。
この竹馬は南座の顔見世でしか見ることができません。

顔見世にきたら、ぜひ、この竹馬鑑賞も楽しんで下さい。
 

KoI(こい) サービスは、京都を訪れる観光客向けのAndroidアプリです.
https://play.google.com/store/apps/details?id=kyoto.kyonaka_gozan.koiapp&hl=en
 

関連記事

  1. vol53:5月から見頃!京都で見られる「芝桜」を見にいこう

  2. vol.37:15万人が参拝する京都北野天満宮の縁日「初天神」

  3. vol.50:京都の風物詩、大原女まつりで思い出づくり

  4. vol.47:まだ間に合う! 京都の桜の名所を制覇しよう

  5. vol.4: 京都オリジナル折紙

  6. vol.45:京都のおかんがもてなす、子供が笑顔になる京都国際子供まつり!

  1. vol.68:京都五山の送り火 8月16日に開催

    2019.08.15

  2. vol.67:京都・五条坂陶器まつり2019に行ってみよう

    2019.08.07

  3. vol.66:京都の夜イベントを楽しむ!「京の七夕2019」

    2019.08.01

  4. vol.65:世界遺産・下鴨神社の御手洗祭で無病息災をお祈り

    2019.07.26

  5. vol.64:♡マークで人気!フォトジェニックな正寿院で風鈴祭り

    2019.07.24