vol.43:KoIサービスの姉妹アプリ、「いしぶみ巡るっ!」を使った大津まちあるきイベントに参加してきました!

2019年3月2日は「インタナショナルオープンデータデイ」として、世界各地でオープンデータをどのように活用するかを考えるイベントが行われる中、京都のお隣、大津市ではオープンデータを活用した当社アプリ「いしぶみ巡るっ!」を使って大津市にある石碑を巡りながら歴史への理解を深めるイベントを開催しました。
 

オープンデータデーって?

まずオープンデータとは、誰もが自由に使うことができる「データ」のことです。
どんなデータも普通は著作権や守秘義務から活用する事が難しいものですが、「そんなこと言わずにより良い未来のために皆で共有しましょうよ」と言った考えのもと、必要なデータを作ったり、使ったり、分析したり、人々が伝えたい事、知りたい事は何かな、と考え実践していくイベントです。
 
ちなみにデータと聞くと数値を思い浮かべますが、他にも地図や画像、文章など色々あります。
自分が持っている写真などの情報が誰かの役に立って助け合える社会を作っていくことができるのです。
 

当日、こんな経験をしました

イベントは午前、午後の二部制で行われました。
午前中は各分野でのデータ活用の実例や今後の課題についての講義がありました。
 

 
当代表の桂田もアプリの紹介で登壇させて頂きました。
午後はこのアプリを使って「まちめぐり」です。

 
 
午後からは「いしぶみ巡るっ!」を使って実際に大津の町を巡ります。
アプリに散策コースがいくつか設定されているので、お好みのコースを選びます。
選択したコースにある石碑を訪れ、写真を撮影するとポイントゲット。
配点は帰ってきてからのお楽しみ、ということで13:15~16:00のチャレンジです。
 
実際のアプリはこんな感じです。
 
 
 
 
スタッフもすこし大津を散策
 

 
 
石碑をパシャリ。
 

 

 
 
写真はおおつ光ルくんなど好きなキャラクターと一緒に撮ることができます。
 

 
 
今回の「いしぶみ巡るっ!」
栄えある1位を獲得した人は……、なんと35か所を巡られた方!
2時間弱という短時間で35箇所を巡られるなんてすごいですね!
 
参加された方々にはこんな商品が贈られました。
 
 
「いしぶみ巡る!」は大津市だけでなく、もともと京都にある1,400以上もあるいしぶみ(石碑)を巡るためのアプリです。
京都の定番観光地だけでなく、歴史あるところをうまく巡りたい!という方は「いしぶみ巡るっ!」を使ってユニークな旅を楽しんでみて下さい!
「いしぶみ巡るっ!」の詳細はコチラ↓↓↓
http://system-souken.co.jp/ishibumi-gozan/
 

京都で開催される行事やおすすめスポット・店舗などの情報をアプリで!

KoIサービスでは週に1度、京都で開催されるイベントや京都人ならではの生活情報を発信しています。
日本人でも知らなかった日本の文化を、京都のイベントを通して学んでみませんか?
アプリは、下記URLからすぐにインストールできます♪
★Androidアプリ「KoI Service」
★iPhoneアプリ「KoI Service」

関連記事

  1. vol.33:京都で楽しむ初日の出スポット3選

  2. vol.38:多彩な節分行事。京都のユニークな鬼を追い払って福を招こう

  3. vol.32:2019年 絶対に詣でるべき寺社3選

  4. vol.6: 顔見世、歌舞伎

  5. vol.29:花が浮かぶ幻想的な御手洗

  6. vol.4: 京都オリジナル折紙