vol.110:三室戸寺のあじさい園をおさんぽ

京都の1ヵ月に及ぶ緊急事態宣言は解除となりましたが、観光を自由に楽しめるようになるにはもう少し時間が必要のようです。
6月19日以降、段階的に府外からの受け入れるとの発表がありましたが、現実的にはまだまだ旅行による移動は控えたいものです。

とはいえ、拝観を休止されていたお寺などでも「これまで通り」とはいきませんが、入場人数を制限するなど対応をとった上で少しずつ観光受け入れの体制を整えています。

旅行には行けないけれど、「現地の様子が知りたい」もしくは「景色は楽しみたい」といったご要望にお応えして、おさんぽ気分で楽しめる動画を作成しました。

今回のおさんぽ場所はあじさい寺として有名な「三室戸寺」です。
2020年6月9日にスタッフが撮影してきました。

人混みは?

平日の午前中でしたが、昼前になるとやや人数が多くなりました。
基本的に屋外で「三密」になることはありませんが、マスクの着用は必須です。

あじさいの咲き具合は?

6~7分咲きでした。今年は例年より1週間早く見頃を迎えているそうです。
場所によってはまったく咲いていない場所もあるので、これから咲く品種もありました。

三室戸寺のおすすめは?

動画にはありませんが、境内には数々の開運スポットがあります。また、7月からは蓮が美しいので、あじさいの時期が終わる頃にも再度チェックされると良いと思います。

三室戸寺についての過去の記事について

あじさい寺、三室戸寺の紫陽花が見たい!

【基本情報】
住所:
京都府宇治市莵道滋賀谷21
時間:
8:30 ~16:30(4月1日~10月31日)
19:00 ~ 21:00 (ライトアップ期間:6月13日~6月28日の間の土・日曜日のみ)
※拝観・納経最終受付は閉門30分前
拝観料:
(平常)
大人500円 小人300円
(あじさい園開園期間中 )
大人800円 小人400円
(あじさいライトアップ )
大人800円 小人400円
アクセス:
京阪三室戸駅から徒歩15分

KoI Serviceより

KoI Serviceでは、引き続き観光スポットについての発信は行って参りますが、旅行者の方が京都に足を運べない間でも、京都について知りたい皆様に情報を提供する目的で発信しております。
緊急事態宣言が解除された今も第二波への予防は必須と考えておりますので、厚生労働省発表の「新しい生活様式」にそった行動を奨励いたします。
また、これからの季節には熱中症のリスクも考えられますので、外出の際には十分にお気をつけください。

「新しい生活様式」の実践例

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

国内で体調を崩されている海外旅行者を見かけたら

京都で開催される行事やおすすめスポット・店舗などの情報をアプリで!

KoIサービスでは週に1度、京都で開催されるイベントや京都人ならではの生活情報を発信しています。
日本人でも知らなかった日本の文化を、京都のイベントを通して学んでみませんか?
アプリは、下記URLからすぐにインストールできます♪
★Androidアプリ「KoI Service」
★iPhoneアプリ「KoI Service」

関連記事

  1. vol.104:今さらでも知りたい京都にある世界遺産17ヶ所(3)

  2. vol.41:春の訪れを告げる梅まつり 絶対行くべき京都の名所4選

  3. Vol.179:紫式部ゆかりの地<京都府宇治市>

  4. Vol.164:海の京都【宮津市】で楽しむお正月(2)

  5. vol.26:★紅葉本番直前!今週が紅葉狩りのチャンスです★

  6. vol.49:過去1,800人が参加した4月のイベント!ミッドナイト念仏(4/18、4/19)

  1. Vol.180:京都の青紅葉

    2024.04.01

  2. Vol.179:紫式部ゆかりの地<京都府宇治市>

    2024.03.01

  3. Vol.178:しだれ梅と椿まつり

    2024.02.01

  4. Vol.177:「辰」のタペストリー

    2024.01.01

  5. Vol.176:来年の干支は辰年!辰年にゆかりのある寺社仏閣を訪ねてみ…

    2023.12.01