vol.14: 8月16日は五山の送り火です

五山の送り火は、毎年8月16日午後8時に始まります。

お盆休みの間、亡くなった祖先が帰ってくると信じられています。
五山の送り火は滞在の終わりを告げるもので、燃え上がる火で祖先を送ります。

祇園祭のような華やかな祭とは打って変わって、火勢が勢いを増し、そして衰え消えていく様を静かに見守ります。

火がともっている時間は非常に短く30分程度です。8時前に見える位置で待機されることをお勧めします。

関連記事

  1. vol.73:9月の3連休、京都観光するなら行きたいイベント3つ

  2. vol.17:10月の京都は祭りが盛りだくさん

  3. vol.41:春の訪れを告げる梅まつり 絶対行くべき京都の名所4選

  4. vol.76:人形供養で日本のココロを感じよう

  5. vol.11:祇園祭以外のイベント~宇治川の鵜飼~

  6. vol.34:100万人が参加する十日えびすに行ってみたい

  1. vol.85:「終い弘法」「終い天神」に行ってみよう

    2019.12.11

  2. vol.84:冬の風物詩 京の都でイルミネーションを楽しもう

    2019.12.04

  3. vol.83:晩秋の京都は宇治の名所を散策してみよう

    2019.11.27

  4. vol.82:京都の紅葉スポット瑠璃光院の詳しい体験レポをお届けします

    2019.11.22

  5. vol.81:京都 紅葉ライトアップ2019年

    2019.11.14