vol.14: 8月16日は五山の送り火です

五山の送り火は、毎年8月16日午後8時に始まります。

お盆休みの間、亡くなった祖先が帰ってくると信じられています。
五山の送り火は滞在の終わりを告げるもので、燃え上がる火で祖先を送ります。

祇園祭のような華やかな祭とは打って変わって、火勢が勢いを増し、そして衰え消えていく様を静かに見守ります。

火がともっている時間は非常に短く30分程度です。8時前に見える位置で待機されることをお勧めします。

関連記事

  1. vol.84:冬の風物詩 京の都でイルミネーションを楽しもう

  2. vol.11:祇園祭以外のイベント~宇治川の鵜飼~

  3. vol.155:京都の夏の夜にぴったりのイベントを2つご紹介します

  4. vol.75:10月の京都観光は秋祭りに参加しよう!

  5. vol.68:京都五山の送り火 8月16日に開催

  6. vol.88:1月の京都イベント「えびす祭」に行ってみよう

  1. Vol.179:紫式部ゆかりの地<京都府宇治市>

    2024.03.01

  2. Vol.178:しだれ梅と椿まつり

    2024.02.01

  3. Vol.177:「辰」のタペストリー

    2024.01.01

  4. Vol.176:来年の干支は辰年!辰年にゆかりのある寺社仏閣を訪ねてみ…

    2023.12.01

  5. Vol.175:夜のすいぞくかん

    2023.11.01