「Unicode」の制御文字「RLO(Right-to-Left Override)」を利用して拡張子を偽装した不正プログラムを送付する事案が発生しています。
「Unicode」とは、世界中の言語を単一の文字コードで取り扱う目的で作られた規格の事です。
不正プログラムに使われることが多い「.exe」ファイルなどを比較的安全な「.txt」ファイルなどに偽装する手口です。

偽装手口を社員全員に周知して、不審なメールに備えましょう。

~Ksisnetだより第29号~
「ファイル名を偽装した添付ファイルに注意!!」

詳しくはKsisnetHPから「Ksisnetだより第29号」をご覧下さいませ。